犬心(いぬこころ) ドッグフードの口コミは?元気になる?成分は大丈夫?

 

犬心のドッグフードに期待できる効果は!特徴は!

犬心は高血糖と高脂血が関わる、7つのトラブルや病気を予防できる効果が期待できるのが特徴です。人間と同じで犬も血糖値が高かったり脂肪を取りすぎると、さまざまな生活習慣病になってしまうことがあります。犬心を使用することで、それらのケアを全て同時に行うことができるので大事な愛犬の健康を末永く守ることができるのです。
人も食べられるほど安全性の高いフードだけに、安心して愛犬に与えられるのも嬉しいポイントです。

 

効果的な使い方やタイミングは?

いぬこころはクッシング症、候群甲状腺機能低下症などの併発7疾患すべてに効果がある療法食です。そのため病気を患ったタイミングで使用すればワンちゃんの健康状態を改善できます。同時に療養をしていくことも可能です。また、効果的な使い方としては継続して食べさせることが大切です。人間も食べることができる自然原料・手作り製法によるナチュラルフードなので、ワンちゃんの健康にも配慮されています。腸にも良いので免疫力のキープも見込めます。

実際、使ってみました!

いぬこころは人間も食べる事ができ、専門家が研究して作られているため安心して食べさせる事ができると答える方が多く、リピーター率も高いです。実際に食べさせる事で、効果を実感できると答える方がたくさんいます。活発に散歩をする事ができるようになったというお声もあります。状態も良くなってきていると感じる事から、手放せないとの回答が多く見られます。買い忘れがないように定期コースもあるため、定期コースを申し込む方が増えています。

フードの成分にはどのようなものが入ってるの?

犬心のフードには、食品添加物や防腐剤などの成分は一切入っておらず、自然由来の原料しか使っていません。牛や馬、鶏の生肉の他に、生魚や玄米、サツマイモなどの人間が食べる食品と変わらない原料を使用しています。フレッシュな自然原料だけにこだわっており、その他に乳酸菌やビール酵母、オリゴ糖といった成分が配合されてます。糖や脂肪をコントロールするために、犬心の成分は粗脂肪が5~9%、粗繊維が5~8%で粗たんぱく質が23~27%と数値もはっきりしています。

 

ドッグフードに副作用はあるの?

無添加・無着色で天然素材を活かしたドッグフードとして人気がある犬心ですが、現段階で明らかになっている副作用が1つあります。小麦と大豆といった穀物を主要成分の60%を占めている為、穀物アレルギーを発症しやすいです。既に穀物アレルギーを持っている犬ならば、1口食べるだけで全身の皮膚に発疹やただれを起こすので注意が必要です。アレルギー体質でない犬でも多く食することで今後、穀物アレルギー体質になる可能性があるので注意が必要です。

 

犬の癌や膵炎に効くか?

犬心は高血圧が原因となっている犬の7代疾患に対して作られた国産のドッグフードです。7代疾患はクレッシング症候群や高脂血症、糖尿病等で、それ以外にも膵炎にも効果が期待出来ます。また犬心自体は動物臨床営業学に基づいて、糖質制限や高脂肪・高オメガ3脂肪酸、高タンパク質・高アルギニン等、犬の癌対策としての栄養条件も満たす様に作られている療法食です。従って実際に与える事によって癌や膵炎に対しても効果が期待できるドッグフードと言えます。

amazonなど最安値で購入できる所が知りたい!

現在では色々な通販サイトが有るので、そこで商品を買っている人も決して少なくありません。しかし犬心に関しては、amazonでは扱っていません。というより、amazon以外にも他の通販サイトでの扱いもなく、現時点では公式サイトのみの扱いとなっています。勿論ドラッグストアやスーパーマーケットでの扱いも有りません。従って最安値で購入したい場合は、まずはインターネットで公式サイトを開き、そこから商品を注文する形を取る事になります。

お問い合わせはどこにしたらよい?

高血糖・高脂血のトラブル・病気に対応した療法食「犬心」。大変人気のある商品ですが、気になることや商品に関する問題などがあった場合の問い合わせ先はご存知でしょうか。犬心に関するお問い合わせ先は、お電話(フリーダイヤル 0800-123-1556)ですと月曜日~金曜日の9:00~17:00、メール(info@kinoko-design.com )や公式サイトからですと24時間受け付けています。小さなことでも丁寧に対応して頂けますので、何か気になることがありましたら気軽に問い合わせてみましょう。